家庭用脱毛器ケノンでヒゲ脱毛を試みる

家庭用脱毛器体験談620代くらいにもなると体質変化は著しく起き、それで一番気になることがヒゲでした。見る見るうちに青くなり、特に髭剃りをした後なんかはかなり青くなるのがとてもイヤでした。脱毛処理をお店でやってもらおうか悩みましたが、お金もかかるし、だけど青いのもイヤだしどうしたらいいか悩みに悩んだ結果、家庭用脱毛器なら自分でもできるんじゃないかと思ったんです。

安易な考え方かもしれませんが、それなら脱毛器を購入すればそれだけで費用も抑えられると思い挑戦してみることにしたんです。まず私のヒゲはそれほど濃くないこと、毛質も太くないし生えてくるのも遅い方でした。使ってみた家庭用脱毛器はケノン、費用は7万円くらいでした。ケノンを選んだ理由としては単純なことではありますが、人気があったこと、一応念のためネットなどで調べてみた結果ケノンが良さそうに思えたので選びました。

そして挑戦してみることになった初日、正直言うといきなりヒゲに照射するのは怖かったです。なので腕から試してみて大丈夫そうなのを確認してから早速ヒゲに挑戦してみることになりました。怖いのはレベル調整、急に上げてはきっと火傷とか引き起こしてしまうと思い、恐る恐る上げてヒゲに照射しました。だけどやはり顔の皮膚は薄く刺激を受けやすいということもあり、あまり上げてしまうと痛みがすごいことになりますので、ここは人によってどうするかが分かれるポイントだと思います。

私はレベル7くらいに調整して照射することにしましたが、それでも痛みはかなりのものでした。ケノンを使用してから一ヶ月くらい経過した頃、私の場合はかなり薄くなっているようで、元々ヒゲは生えるのが遅かったんですけど、それよりもさらに遅くなっているようにも思えました。それとヒゲの本数も減っているようなのでそれなりに効果があったということなのかもしれません。

その頃にもなると家庭用脱毛器ケノンを使用しても痛いという感覚が弱くなり、今はレベル8にしても問題なく使えています。だけどこれ以上の結果は見られないので、ケノンを使用したヒゲ脱毛は多分、多少ヒゲを減らし生えてくるのを遅らせることができるくらいなのかもしれませんが、このまま続けてみようと思ってます。

コメントを残す

このページの先頭へ